男性に嫌われる女性の態度とは?

仲良くしている異性から連絡が来なくなったり、誘いが少なくなったり、誘いを断るようになってくることがあります。
仕事が忙しかったり、何かはまっているものができるということも理由としてあると思いますが、
実は自分が原因で何気なく嫌なことをしているということも十分に考えられます。
女性からしてみれば何気ない行動で、大したことではなくても男性は嫌がる場合もあります。
しかし、どんな態度を男性は嫌がっているのでしょうか?

まず遅刻が多い事。
電車が遅れたり、思いもよらぬことがおきて遅刻するのは仕方ありません。
しかし、待ち合わせに平然として遅刻するのは女性として・・・ではなく人間としての質を問われます。
遅刻をしてしまったということが何度もある人はこれが原因かもしれません。

さらに会話の途中で携帯をいじっているということです。
何かをしながら話を聞くというのはやってはいけないことです。
会話の途中できたメールに返信したり、電話に出たりするのは男性に対して興味がないということです。
面白くないんだな・・・と男性も感じてしまうでしょう。
どうしても大事な要件であれば仕方ありませんが、そうでなければせめてマナーモードにしたりしておきましょう。

そして、男性はおごるのが当たり前になっている女性です。
男性なら女性におごるのは当然という態度の人です。
男性はただ喜んで欲しいだけです。
それなのに当たり前のような態度をとって、さらには「ごちそうさま」という言葉もないとなってしまうと、
その女性は男性に好かれることはありません。

さらに食事としてのマナーになりますが食べ方が汚い女性です。
はしの使い方はもちろんですが、食べこぼしが多かったり、音を立てて食べるのは女性だけでなく男性も嫌がります。
人がものを食べる姿というのは、1対1だと余計目についてしまいます。
女性なのですから食べ方は注意するようにしましょう。

そして靴が汚いことです。
靴あボロボロだったり傷だらけの靴を履いていると男性は引きます。
おしゃれは足元からとよく言いますが、靴に男性の目は注目しています。
せっかく服装は綺麗でも、靴が汚いだけでイメージダウンになってしまいます。

ちょっとしたことで、気にしていない部分が男性に嫌われてしまう理由となってしまいます。
女性は気をつけるようにしましょう。

相手からデートに誘わせる

相手をデートに誘う際の理想的な方法としては「自分が誘うのではなく、相手に誘ってもらう」なのではないでしょうか。
矛盾した物言いかもしれませんが、自分で誘うのは断れた際のリスクや体面などもありますので、誘うのであれば出来れば頷いて欲しいと思うでしょう。
とはいえ相手にも都合や気持ちがあります。
恥じらいなどもありますから、自分がデートに誘いたいと思っている相手が自分をデートに誘ってくれる可能性はとても低いものです。
ですが、会話の流れの中で「誘わせる」事が出来るかもしれません。
例えば何かで競うとします。
罰ゲームに「相手をデートに誘う」に設定してみる事で、もしかしたら相手がデートに誘ってくれるかもしれません。
ですがこれは本当に相手から誘ってもらいたいという事ではなく、相手に「デート」という事を意識させる事になるのです。
人間は基本的に相手から好かれると相手が気になってくるものです。
よほど嫌いな相手であれば話しは別ですが、特に意識がないような人ですとそれで意識が向く…という事は案外よくある話だったりしますので、そのような形で「デート」を意識させてみるのも良いでしょう。
もちろん、展開次第では相手からデートを誘ってくれるようになるかもしれませんが、相手を意識させるという事は、いろいろと「加工」しやすい状態になりますので、メールなどでも主導権を握れる事になります。
ですので、これは「誘い方」というよりも心理的なテクニックになるのかもしれませんが、それでもあわよくばデートに誘ってもらえるかもしれません。
更にはその後誘いやすい展開に持っていく事が出来るのですから是非とも覚えておくべきものなのかもしれません。
この方法の場合、相手のリアクションを見る事で自分自身の事をどのように思っているのかを知る事も出来ますので、デート云々はもちろんですが、相手の気持ちを垣間見てみたいと思っている人にとっても良い手段と言えるでしょう。